✬ ReeのPROFILE ✬

アドリア海にはあれがない

ヨーロッパ

アドリア海にはあれがない…。

海といえば、何を思い浮かべますか?
潮干狩りに海水浴と、楽しいこと盛りだくさんですね。



日本海といえば海の幸。
太平洋は潮干狩りや海遊びに最適ですよね。



そんな日本の素晴らしい海ですが
困ることもあります。


例えば、潮風がきつい。
これは仕方がないですが、あの風に当たると
髪の毛がパサパサしたりしてしまいます。
それに、潮風は結構ベタベタしますよね。

また、潮のにおいは独特で
海に近づくとワクワクする反面
ずっと海のにおいが残ってしまったり。

ところが、アドリア海は、ちょっと違っているんです。
違っているポイントをまとめてみます。


1、潮のにおいがしない





なんとアドリア海は、海のにおいがしないんです!
びっくりしちゃいますよね。
理由は、河の水が流れ込んでできた海なんですが、
その川の水が染み込む地面は、石灰岩。

石灰岩に濾過された水と、流れ込んだ先も石灰岩でできているので
海のにおいは全くしません。


2、カラッとしているのでベタベタしない





地中海もそうですが、アドリア海の気候も
カラッとしています。
日本のようにジメジメではないのです。

なので、あのいやな夏のベタベタする感じ
というのはあまりなく、さっぱりとしています。
ただ、風が強かったり、猛暑だったりはします。


3、透明度が高い





上でも述べましたが、アドリア海の水は
石灰岩を通過してからきます。
また、流れ込む先も、石灰岩でできています。

石灰岩といえば、真っ白に近い色をしていますよね。
なので、透明な水が白いところに流れこむために
非常に透明度が高く、美しい水の色をしているんです。


4、砂浜がない





これにも驚くかと思うのですが
アドリア海のビーチは、ほとんどが形成されているか
岩場になっています。

なので、白い砂浜、というのは見当たりません。
岩場をコンクリートできれいにしてあります。

海の中ももちろん岩場になっていますので
足元には気をつけてはいるのがいいです。
心配な方は、海中用のサンダルなんかを持参すると
怪我しなくてすみますよ。





アドリア海と日本の海の違いでしたが
結構ありますよね。
知らないとびっくりすることもたくさんあるので
ぜひ行かれる方は参考にしてください。


POINT
1、潮のにおいがない

2、カラッとしているのでベタベタしない

3、透明度が高い

4、砂浜はなく岩場になっている



国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

タイトルとURLをコピーしました